平成15年改正破産法:労働債権

Posted on Posted in Q&A, 破産法

労働債権(給与債権)の取扱に変更はありますか?

旧破産法では労働債権(給与債権)はすべて優先的破産債権とされていました。新破産法では、破産手続開始前3ヶ月分の給与の請求権は財団債権となりました(149条)。そのため労働者は過去3ヶ月分の給与に限っては、破産手続の進行を待つことなく、随時破産財団より弁済を受けることができます。


Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail
納得したらすぐにシェア!