顧問弁護士:紛争は裁判で解決する方針ですか、裁判はしない方針ですか

Posted on Posted in 顧問弁護士
裁判をする、しないと固定的に方針を定めているということはありません。案件毎に裁判が必要な場合も、不要な場合もあるからです。また裁判をするにしても、訴訟、調停、支払督促等様々な形態がありますから、それぞれのメリット・デメリットをご説明させていただいた上で、方針を選択していただきます。なお、当職の経験としては、訴訟は手続きの時間と費用がかかりすぎるので、あまりお勧めはしていません。原則としては、裁判外での交渉による解決をお勧めし、裁判をするにしてもライトウェイトな手続きでの解決可能性が探るようにしています。

Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail
納得したらすぐにシェア!