LGPLの特徴 : ライセンスの特徴は

Posted on Posted in Q&A, オープンソース

LGPLとはどんなライセンスですか?

LGPLはLesser General Public Licenseの略称です。GPLはいわゆる伝搬性が強く、GPLが適用されたソフトウェアを活用する際の妨げとなっていました。そこでGPLの伝搬性の部分を弱めたライセンスとして、LGPLが作成されました。  その特徴として、 [1] 他社がGPLが適用されたソフトウェアを他のソフトウェアに組み込んで新たなソフトウェアを開発した時に、組み込まれる先のソフトウェアのソースコードの開示は要求しないものの、 [2] 他社がGPLが適用されたソフトウェア自体を改変して新たなソフトウェアを開発した時に、その新たなソフトウェアのソースコードが開示されることを要求する ことがあげられます。つまりGPLの「結合したときには結合先のソースコードの開示も要求する」という部分が省かれていることになります。


Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail
納得したらすぐにシェア!