Angular2でSPAなシステム開発:Serviceのデータを同期する方法/Eventをsubscriveする方法

Posted on Posted in 趣味的なIT・ネットの話題

Angular2でSPAなシステム開発:serviceのデータを同期するならPromiseよりもEmitter、EmitterよりもObservable

誤用ということなのですが、Ionic2(というかAngular2)のserviceのデータを同期させるのは、EventEmitterを使うのがわかりやすいです。コードを読む人もObservableよりわかりやすいのでは無いでしょうか。

Lifecycle Hooks – ts

最初はこの中のngAfterContentCheckedとかngAfterViewCheckedを使って、serviceのget系メソッドを実行してみたのですが、初期ページを表示させてその後ページが1回遷移するだけで30回以上このイベントが呼ばれていました。そのたびにメソッドを呼んでいるのは余りにも無駄でパフォーマンスの無駄が大きいと思われました。

これがemitする側のサービス。

受ける側のページコンポーネント。これだけで同期できます。

参考にしたのはこのディスカッション。最初の方のドットルールでは値を反映させることはできませんでした。

javascript – updating variable changes in components from a service with angular2 – Stack Overflow


Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail
納得したらすぐにシェア!