Raspberry PiでIoTなシステム開発:リアルタイム性能測定用の波形をmbedで作る

Posted on Posted in 趣味的なIT・ネットの話題

preempt_rtパッチが当たったlinuxカーネルの性能をGPIO割り込みで確かめるべく、入力させる用の波形を作ります。ファンクションジェネレータを使おうかと思いましたが、マイコンで書く方が融通が利きそうなので、mbedでささっと書くことにします。

今回波形の計測に使用したのはBitScopeです。PCオシロはWindows用ばかりなのですが、これはMacでも使用できるクライアントソフトが配布されいます。

IMG_7521

さすがはマイコン。200usオン、400usオフの結構周波数の高い波形ですが、キレイに出ています。さてLinuxでどこまでこれに追随できるでしょうか?

スクリーンショット 2016-02-04 17.37.39

 


Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail
納得したらすぐにシェア!