Raspberry PiでIoTなシステム開発:自分で書いたデーモンをinit.dで起動する

Posted on Posted in 趣味的なIT・ネットの話題

前回のシステムではrc.localにスクリプトを書いて起動していたのですが、これだと終了時に自動処理をさせることができきないのと、ランレベルに応じた処理ができません。それにinsservとかを使って登録できる方がなんとなく「システム管理」をしている感じがします。

とりあえず最小限のスクリプトを先達の雛形に添って作成。ktdというのはこれから作成する予定のデーモンの名前です。実態は何もしない無限ループです。

直接実行してみるとroot権限で実行されました。

最初はrc*.dの何処にもスクリプトが入っていませんが、insservを実行するとリンクが登録されました。Required-startが反映されたようで実行順位が04になっています。

削除も簡単にできるようです。もう1回登録をして再起動するとこんな感じでした。ちゃんと起動していますね。

次はstart-stop-daemonあたりを使用して、もっとそれっぽくしてみたいと思います。


Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail
納得したらすぐにシェア!