Raspberry PiでIoTなシステム開発:SDカードのバックアップはrpi-cloneでやろう

Posted on Posted in 趣味的なIT・ネットの話題

Raspberry Piのバックアップというと、WindowsだとWin32 Disk Imager、Macだとコマンドラインのddを使うのが定番のようです。がどちらも実用となるとなかなか難しいと思いました。Win32 Disk Imagerはコピー先のSDのサイズが少しでも小さいと”Not enough space on disk”という警告が表示され、コピーを実行できません。MacのDDはそういったエラーは出ないものの、何度試して見ても、SDはどこかが壊れているようで、起動自体ができませんでした。またイメージは圧縮しないとサイズがばかでかいです。

そこで困っていたときに見つけたのがこちら。

https://github.com/billw2/rpi-clone

正確には「SDカードのコピーツール」ではなく、システムバックアップツールです。Win32 Disk Imager やddはRaspberry Pi以外のマシン上でPiから抜いたSDをコピーするものでした。rpi-cloneはRaspberry PiのUSBポートに指されているSDカードリーサーにPiのシステムをコピーしていくというものです。

システム権限に触れるようなのでsudoで実行します。

私が使ったSDアダプタはバッファローの2口のもので指すだけで認識してくれました。Micro SDのポートはsdbだったようです。

途中の「You may enter a label for the destination rootfs /dev/sdb2: 」の部分が何を聞かれているのか意味が分かりませんでしたが、mayと言われているぐらいなので、とりあえず何も入力せずに進めました。

実行時間が表示されていますが、約5分ですから、ddを使う場合と比べると数分の1から10分の1ぐらいでしょうか。

焼き上がったSDをPiに挿して起動してみると、全く同じシステムが起動。元のSDより微妙にサイズの小さいSDでしたが、ちゃんと成功しています。

pi-clonerオススメです。


Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail
納得したらすぐにシェア!