Raspberry PiでIoTなシステム開発:ssh Warning: the RSA host key for differs from the key for the IP address

Posted on Posted in 趣味的なIT・ネットの話題

いつからかRaspberry Piにログインしようとしたら、以下の警告文が表示されるようになりました。

yesと答えればログインできるわけですが、警告無視というのは気持ち悪いですし、ログイン完了まで一手間増えるのも面倒です。対策を探したらこちらに情報が。

[Ubuntu]ssh 接続しようとすると「WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!」が表示されるときは

クライアント側のキーの問題なんですね。で、これはWindowsなのでMacの場合はこちら。

https://gjroo.wordpress.com/2010/10/07/ssh-warning-the-rsa-host-key-for-differs-from-the-key-for-the-ip-address/

自分の場合は保存をしておかないといけないホストは特にないので全部削除しました。

無事警告無しでログインできるようになりました。

(2016/02/09追記)

piを再インストールしたら今度はこんなメッセージが。この場合も原因は同じなのでknown_hostsから該当行を削除したらアクセスできました。

 

 

 


Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail
納得したらすぐにシェア!