Raspberry PiでIoTなIT:Raspberry Piの基板の穴は2.6mm

Posted on Posted in 趣味的なIT・ネットの話題

Raspberry Piを筐体に固定する場合、初代Piはマウンティングホールが無く、何らかのケースを介して固定する必要がありました。A+やB+以降は固定穴があり、パターンも絶縁されているので固定が簡単になりました。この穴のサイズですが、海外では2.5mmとか書いている記事もありますが、日本で普通に入手できるビスとしては2.6mmが適合します。スイッチサイエンスさんのバニラ基板の固定用スペーサーも2.6mmのネジが切ってあるものが付いていました。

S__8470537

10mmのスペーサーを介して2mmぐらいのベースボードに固定する場合には、2.6mm x 20mmでぴったりです。

S__8470538

ホームセンターで購入すると割高になるので、「ネジのナニワ」さんで購入しました。ここは小学生の頃からお世話になっています。S__8470539


Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail
納得したらすぐにシェア!