Raspberry PiでIoTなIT:WordPressはダブルクォーテーションを置き換える

Posted on Posted in 趣味的なIT・ネットの話題

Raspberry Piの問題ではありませんが、ちょっとハマってしまった原因がWordpressにあったのでメモ。

先日Raspberry Piの構築方法のメモを書いて、このブログに書いていたのですが、ちょっと横着をして、設定ファイルをブログ記事の本文に直接貼り付けていました。crayonプラグインを導入しているので、一手間かけると、コードはコードとして表示できるのですが、ちょっと面倒くさいんですよね。

で、自分のそのメモを使って再度構築をしていると、wpa_supplicantでエラーが。

パースエラーです。何でここでパースエラー?ネットでは改行コードがおかしいとあるのですべて置き換えてみても、エラーが治りません。でダンプしてみるとこんな状態。

スクリーンショット 2016-02-07 21.57.08

ダブルクォーテーションがe2 80 9dという3バイト文字になっていました。

たしかにエディタ上でみても、両方とも半角ですがフォントが違います。

スクリーンショット 2016-02-07 21.58.15

スクリーンショット 2016-02-07 21.58.22

以下の様に本文に直接貼り付けると、サニタイジングの影響でしょうか、ダブルクォーテーションを置き換えているのですね。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev

update_config=1

network={

        ssid=”AP-2F-YU-2.4GHz”

        psk=”jitakun0musen”

}

コード記述用プラグインを使用すると、本来のコードそのままで伝えられます。

WordpressやCMSでブログを書いている方はお気をつけを。


Facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail
納得したらすぐにシェア!